韓中FTAは自国民の食卓に対する政府のテロ行為


原文:韓中FTA

原文投稿者:阿修羅(godemn)さん

原文修正者:カラス(crow2021)

原文投稿日:2012年12月16日16:20

翻訳者:黒豹(Black Panther)



*一言*

韓国は、韓・中FTAの事で食の安全が脅かされており、深刻な状況である。「人の振り見て我が振り直せ」ということわざがあるように、韓国が日本へ送るメッセージをちゃんと受け止めて欲しい。また、日本人も中国の食材の偽装問題に関してある程度、深刻に受け止めていると思うが、実際にどれ程酷い物なのか知ってもらう為に、翻訳したのでご覧頂きたい!



政治とマスコミから始まった中国への友好精神は、中国による併合現象を加速化させている。このままでは韓国の中国併合は時間の問題であって、既成事実といっても過言ではないのだ。勿論、あまりにも明白な臓器摘出の件を怪談だと陰謀論に仕立てる狂気な政治家とマスコミが否定している為、韓国に迫る中国併合の一大事を政治家達が受け入れる事は、当然ないだろう。九九も出来ない低脳児が、微積分計算は出来ると言っているのと同じ意味合いである。こんな奇跡は、ひたすらスタンフォードを早期卒業したと主張するタブロしか不可能な領域じゃないか?

(タブロ=中国朝鮮族が、韓国人に国籍洗濯(=帰化)をした後スタンフォード大学で、学歴詐称をした表向きには、韓国人の有名歌手)


このように極めて情けなくて愚かな者達が溢れかえる阿呆国家な為、明らかな韓国への中国併合を主張する者を「陰謀論の妄想者」扱いしているのが現実である。このように愚かで哀れな政治家達が主流になっている国家なので、中国のような低レベルの国との取引量が増えても、これを牽制するのは難しいのが現実なのだ。政治家の立場としてはどれだけ楽だろうか?中国との貿易量を増やしても、これに対して批判的な姿勢をとる者達にジェノフォビア、陰謀論者などの烙印を押し付けてやれば自己嫌悪に陥り、まるで驚いて首を引っ込ます亀のように情けない人間ばかりが溢れている。


勿論、これに対して自己嫌悪だけでなく狂った人間は、惑世誣民(=世の中を混乱させて民を惑わし騙す)すると言い、中国との取引が逆らえない現実でありこれに適応しなければならない現実だと正当性を主張する。だがこれは、一言で言えばおかしな話で理由は簡単だ。中国自体がほとんど生きている毒物レベルだと言える程の悪の元凶なのだ。こんな中国と取引量を増やすという事は、毒物の量を増やすという事と違わないのである。毒物との取引が必然という狂った者達の声は、一体どうやって成立するのか?最も大事なのは、自分の体と健康である事はあまりにも明白な事だ。もう少し安ければ、毒物でも喜んで食べると?これが必然だというなら、必然だと主張する人間とその家族だけが、メイド·イン·チャイナを選んで食べてあの世へ直行する事をお勧めしたい。日本は、中国にレアアースを全量依存していた。中国が食輸入品を武器に脅かしたが、すぐに日本は対策を立てて危機を乗り越えた。韓国の脳障害級に病んだ阿呆とは、明らかに対照的である。


今すぐは困難でも、中国とは取引を止めるべきだ。今は、現実的な問題があっても最小限に中国との取引依存度を下げて、徐々に切って行く方向に行かなければならない。動く毒物のような中国との取引を増やすという事は、自殺行為と同然である。


その理由


最初に– 中国人は、衛生観念が生まれつき獣のレベルにも満たない者達な為、悪意がなくても毒物でしかないという点である。

次に – 中国人は、悪意がなくても周りにあんまり衛生観念がなく、無視する者達が溢れているので、そこに生きていれば自然に同じく毒物化してしまうという点である。例えどんな高品質の食品でもゴミ箱に入れて置けば、その瞬間からゴミと同様の価値になるのである。



最後に – 中国に悪意がなくてもこの状況なのに、もっと面白いのは中国人が、悪意まで持っているという事である。
 

故に、中国とは取引を止めるべきなのが、中国人達は詐欺師である上に毒物レベルの衛生観念だから取引をすればするほど詐欺に合い、取引をすればするほど被害が累積されるのである。


まだ詐欺に合う事は経済的損失のみで問題にしないとしても、この中国人の毒物レベルの衛生観念にはとても付き合い切れない。しかも、この人達の問題は、ゴミ級レベルの衛生観念の為に、水という水がすっかり腐って汚染されたものばかりだ。ここから、このような問題が導出する。


最初に - 水が腐っている為に、当初から衛生観念はゴミレベル。腐った水で洗浄してもさらに汚れるだけである。

次に – 中国人は全ての水、綺麗な水まで腐らせる才能がある。

最後に - 植物・魚・獣であっても水なしでは生きていけない。中国の全ての水は腐敗しているから、ゴミ処理場以下の国家が出荷する物は毒物同然である。その排水を吸い取って育った植物や果実が、果たして綺麗だろうか?



中国のゴミのような衛生観念は、水が全て腐っていてそこから作られた農水産物にまともなものが出来る訳ない。あまりにも当然の事である。しかも、自分達で食べる物さえ、犬ですら食わぬ驚愕レベルの物を作り出す国が、恨みのある韓国に正常な商品を送る訳ないだろう。脳障害者でなければ、明白な答えは分かるだろう。


このような状況の中、中国とのFTAが推進されているかどうかさえ知らない国民も多く、知っている人間も反応がなく非常に情けないのが現実である。実際に重大な問題に蓋をしているようで、危機感は大きく募るばかりである。故に、その危機感をより身近に感じてもらおうと下記に中国の腐った水と毒物のような物の状態について集大成した物を見せよう。



1.食べ物での悪質な偽装

中国人の食の偽装は、凄く有名なので省略しようとも思ったが、何度見ても納得出来ない内容である。その為に中国人の狂気ぶりを牛骨からスープを出すようにじっくり煮詰めた後、味わってもよいだろう。事実中国には、食べ物で非常識な事をする人間がほとんどなのに、韓中FTAを結ぼうとしているのが猟奇的な事ではないか?


FTA

<中国のプラスチック米。しかし、それは左ではなく右である>

FTA

<非常に有名なゴムの卵にプラスチックの麺>

FTA

<これも広く知られている髪の毛の醤油>

FTA

<数百回見ても、到底容認出来ない人糞食用油>

赤い線翻訳:今度は人糞で作った食用油の波紋


FTA

<人糞食用油よりも少し良い下水食用油>


赤い線:翻訳:当局の資料によると中国の年間食用油の消費は2250万トン(2009年)中華ゴキブリ達の総使用量の
1/4が下水食用油

                ↓

      では、どんな味だろう?微細に渋くて酸味がある本物と分かりづらい味だという。

      数十回の取り締まりにも消えない理由は、組織的な背景勢力が存在すると見るのが大筋ある。


FTA

<すでに国内に入ってきたかも知れない下水食用油>

FTA

<糞で作った人糞豆腐>

赤い文:臭い豆腐
    豚肉と糞・黄酸・ホウ砂のような化学薬品と殺虫剤等を混ぜる。

    死体の腐敗した匂い!



このように並べた中国の食べ物の偽装は、韓国人ならほとんどが知っている。あまりにも有名な姿だが、狂気な中国人達と貿易を増やすというのは事実上、食料に対するテロ行為だと認定しても良いだろう。この有名な食べ物の偽装を見ても中国との取引は、気が狂ったとしか思えないのだ。ある意図があるとしか説明のしようがない。



2.偽装をしなくても問題

上記で説明したのは、いくら中国人でもそれが間違っている事を認知しているという問題点である。プラスチック米やゴムの卵が悪い行為であるという事は、中国人にも分かっている。但し、間違いであっても上手く騙せたら終わりだという中国人特有の詐欺根性で、続けるから問題なだけだ。


さて、今度詳しく見るべきところは、騙す気がなく天性のゴミレベルの根性が、自然に発生させた問題について説明してきたものとは違いがある。「百聞は一見にしかず」なので説明しても理解出来ない人がいるので一旦、写真から見せる事にしよう。



FTA

<ゴミで育てられる牛>


特に罪悪感もなく何も考えない中国人は、牛を何とゴミで飼育している。中国人は、意識的に被害を与える気がなくても結果的に被害をもたらす到底相手に出来ない人種なのだ。牛はまだゴミで育てるが、魚の養殖はもっと酷く完全に人間の糞で育てる。農水産物も排水で洗っていると言われている。


FTA

<中国産イシモチのティラピア肥料は何と人間の糞>


赤い線:中国産イシモチ調べてみると「糞」で育てた?

    中国はイシモチティラピアを養殖場で育てアメリカ等に輸出している。豚の糞を餌にとして使いサルモネ
ラ菌に感染する可能背が高い。

豚の糞を餌に使用。

FTA

<ティラピアは実はイシモチではなく、鯛寿司のネタ>

FTA

<農産物の野菜も排水で洗う中国人。中国全土の水は既に排水化>


中国は、国も人間も地球最悪のゴミレベルである。こんなクズ国家とのFTAは、最初から毒を盛った食材を食べたいと宣言するのと変わらない天下の狂気な選択である。




3.壮絶なまでに意識レベルの低い中国人

本当に中国が地球上で最悪でしかない理由は、すさまじく汚いクズ中国人特有の衛生観念が意図的に悪くなくても迷惑をかけているところだ。それより問題は、意図自体も悪い存在だから、とても相手に出来ないという結論に到達するのである。


中国人の人格そのものが、本当に最悪の獣以下のレベルと言っても過言ではない。例え、動物だけ集めて暮らしてもここまで酷くないと思ってしまうのである。ちなみに筆者も綺麗づきではないので、誰かと一緒に暮らしたらどっちらかというと得をする方であるが、中国人には到底及ばない程の驚愕なレベルと言える。


FTA

<嘘一つもない実際の光景。この程度は比較的に綺麗な方>

FTA

<中国の一般的な高速道路の風景>

FTA

<中国人が遊んでいるビーチ。その黒いものはすべてワカメではなくビニール袋>

FTA

<中国人の一般的なアパート>

FTA

<中国人の一般的な寮>

FTA

<中国は女子寮も負けない>

FTA

<中国で最も住みやすい都市1位(青島)がこの状況>

FTA

<中国人が韓国に短い期間に上陸するにも汚物がテロレベルの大量>


赤い線:漁具破損・ゴミの投棄に住民達が訴える


この中国人達には常に武侠小説誌の「開放」の中でも構成員数が最も多い組織だと言われるが、筆者が見るにはそれも嘘のようだ。それだけ乞食が多いから開放が要るのでなく、中国人自身が乞食のようなゴミのレベルだからそのまま中国人が「開放」となるのではと思う。何故なら、単純に見ても乞食と一般の中国人は同レベルで区別するのは、無意味だからである。



4.全て汚染されている中国の河川

ゴミなら集めて処分すればいいが、水が汚染されるのは別格な問題である。水こそ命の源で貴重な資源である。しかし中国の水は、ことごとく全部腐っているのが現実なのだ。ゴミをあんなに捨てる中国人が排水だからちゃんと処理するはずはないのではないか?


FTA

<中国の有名な血色の川。日に日に川の色は、ますます驚愕な状況に>

FTA

<赤だけでは足りず水色の川も出現>

FTA

<見るだけで反吐が出る廃水>

FTA

<河川が最初から色ごとに異なり集まる勢い。赤い川の上から流れる廃水は黄色>

FTA

<血色の川の方がむしろ愛嬌に見える程度>


このように、排水レベルに汚染された水を吸い取った農産物と​​水産物は「毒」と同じであるという事は事実で、果樹が含んだ果汁も結局吸収された汚染水で、植物でも同じなのである。水が、全て汚染されてまともに使える水さえ残ってない中国とのFTAを推進するのは、とんでもない狂気な事だ。その最大の理由は、全ての水が腐っているところに導出している。



5.深刻なレベルの汚染を見せる中国の海

中国の河川がその状況だとやはり、海も当然汚染レベルが深刻なのは当然である。更に驚くべき事に、猿も入りたがらないはずの汚れた水に中国人は、平気で入ってよく行水しているという事なのだ。


FTA

<人間的にここに入りたいか?>


河川を色鮮やかに染めるだけでは足らず、海は全く緑のカーペットを敷いたように深刻な緑藻現象である。もっと面白いのは、緑藻を採取して中国人がよく食べるそうで、それこそ人間ゴキブリと呼ぶべきであろう。


しかもより深刻な問題は、韓国と離れた海だから他人事で済ませるが、中国人がどれだけ排水を河川に流しているのか、海が完全に汚染されて韓国の西海にまで悪影響を与え兼ねない状況だ。最も海の汚染が深刻なのは、中国の渤海湾である。


FTA

<汚染が深刻で地図でも海が変色している>


FTA

<渤海湾の波>


この深刻な汚染のせいで韓国にも影響を及ぼしていると伝わる。これは汚染が酷過ぎる余り中国が考えた苦策は、下に表示した部分に運河を掘り出して、汚染された海水を下に流してしまおうという計画である。

FTA

<もはや海全体を汚染させる勢い>


これを逆に言えば汚染問題はゴミ処理場水準を遥かに超えている為に、中国が深刻に捉えて運河まで作る計画を立てたのだろう。渤海湾は、韓国の西海にある。中国は、海を深刻に汚染させて近隣諸国にも迷惑をかけている。あそこまで汚染しているから他国の海にまで漁船が侵犯して来ては、海の資源を根こそぎあさっていくのである。また中国漁船は、境界線を越えた他国の海を汚染させる悪循環を繰り返す泥棒である事を自ら明らかに見せてくれている。



6.奇形の突然変異の動物があふれる中国

汚染が深刻な状況だから当然中国では、突然変異の怪生物もあふれるファンタジーランドである。中国で発見された突然変異の生命体は、氷山の一角であるが、ちょっと覗くと以下の通りである。


FTA

<足に奇形があるカエル>

FTA

<子豚、もちろん中国人は、こんな物もよく食べる>

FTA

<ケルベロスに勝る奇形の子豚>

FTA

<頭が奇形の子牛>

FTA

<片目の豚>

FTA

<正体の分からない生物。とにかく奇形は確実>


中国人は、奇形な生物でも何の罪意識もなく、平気で食べられる人種なのである。尚、当然のように韓国に輸出している。あんな突然変異の家畜の皮をむき、肉を裁いておけば区別は不可能ではないか?



7.人間の突然変異もあふれる中国

中国は人口が多い分突然変異も多いというが、それはとんでもない言い訳で、人口が多い事は確かであるが、汚染がこの程度の状況なら奇形児が生まれて来ない方が不思議だ。中国の汚染のせいで発生する奇形児と病気は以下の通りである。

FTA

<こぶサイズで悩む女性でもこんなのを羨む必要はない>

FTA

<足指が過剰成長する中国の子供>

FTA

<指がくっ付いた中国の子供>

FTA

<鼻が伸びている中国の高齢者>

FTA

<奇形な顔の中国の子供>

FTA

<外国でなら確かに奇形なはずだが、中国だとなぜか平均的な顔でありそうな奇形児>

FTA

<韓国で出現しそうな姿>

FTA

<奇形にもある程度パターンがあるようで突き出ているこめかみ>

FTA

<この程度はましな方>

FTA

<動物の奇形が人間にも発生>

FTA

<これもまた動物と同じケース>


中国とFTAを推進するという事は、これまで見られた姿が韓国でも見られる姿だと断言出来る。それでも韓中FTAは、やるべきだろうか?


通常、高い物は高いなりに安い物は安いなりの物に長所があるはずだが、FTAだの何だの騒ぐのは良いとしても、最小限の安全性は確保されなければ意味がない。だから安全が保証されない毒物に対して経済的な合理性を問うのは、狂気な事だとしか言い様がない。しかし、中国産は、見ての通り最低限の安全性さえなく毒物ではないか?


故に、中国とのFTAこそ毒物の流入政策に過ぎず、政府が実行する国民の食卓に対するテロ行為だと解釈する以外説明出来ない。この狂気な行為をすぐ止めて、実施する政府関係者らに向かい強い意思表明をして防ぐべきなのが、韓中FTAである。こんな重要な問題にも、マスコミはこれを扱わない。大衆関心事を反らさせている為、芸能人が着ている胸元の露出したドレスにばかり目を向けさせようとしているので、本当に苦しいばかりである。最も重要な問題は、こっそり処理されている事にもっと警戒心を持つべきだと思うのである。